スプレッドで選ぶお勧めのFX会社

スプレッド「Spread」とは?

スプレッドとは?FXをはじめる上で、最初に理解しておきたいことの一つに「スプレッド」があります。スプレッドは取引の損益に関わる重要なことですので、しっかりと理解するようにしましょう。

また、当ページの最後に、国内大手のFX会社で、もっともスプレッドの狭い会社を調査し掲載していますので、こちらもぜひご参考にして下さい。

 

下図のように、FX取引では、売り値と買い値の2つの価格が同時に表示されます。
この売値(bid)と買値(ask)の差を『スプレッド』と呼びます。

上図の場合は、買値が101.738円で、売値は101.735円ですので、スプレッドは0.3銭です。
そして、このスプレッドの差額(0.3銭分)がFX会社の手数料収入となり、私たち投資家にとっては取引コスト(手数料)となるのです。

 

スプレッドはFX会社によって異なる

尚、このスプレッドの値は、FX会社によって異なります。

前述の通りですが、スプレッドの差額が資家にとっては取引コストになりますので、
少しでも狭いスプレッドを提示しているFX会社を選択するのがとても大事です。

 

 

スプレッドが小さいほど勝ちやすい

FXでは少ない資金で大きな投資ができるので、その分取引額が大きくなる傾向があります。
また、レートが少し動いただけでも利益が出るFXでは、自然と取引回数が多くなりがちです。

その為、取引回数が多く、取引額が大きくなるにつれ、スプレッドが損益に大きな影響を与えます。

 

例)
1日の取引回数10回
1回に10万通貨(米ドル/円)の取引を30日した場合

A社 スプレッド 1銭
0.01円×10回×10万通貨=1日の手数料1万円
⇒1万円×30日=手数料30万円

B社 スプレッド 0.3銭
0.003円×10回×10万通貨=1日の手数料3千円
⇒3千円×30日=手数料9万円

 

以上の例からもわかるように、FXで利益を出す為にはスプレッドは非常に重要なのです!
スプレッドは狭ければ狭いほど取引コストが小さくなり、「勝ちやすくなる」ということです。

スプレッドが狭いFX業者を選ぶほど、勝てる確率が上がるのは誰が見ても明らかですので、
以下でご紹介のスプレッドが本当に狭いFX会社で口座開設をするようにしましょう!

 

スプレッドで選ぶお勧めのFX会社

アローYJFX!

スプレッド(米ドル/円) スワップ(豪ドル/円) キャッシュバック 公式サイト
0.2銭原則固定 96円 最大27,000円 詳しくはコチラ

YJFX!は米ドル円のスプレッドも安心の0.2銭で、また主要通貨のスプレッドも軒並み狭く、業界トップクラスのスプレッドを提供していますので、YJFX!では取引コストを抑えて取引ができます。また、YJFX!のスマホ取引ツール「Cymo(サイモ)」は、究極のトレードツールと評判が高く、リアルタイムで相場や口座状況を確認しながらワンタップで注文できる「ワンタッチ注文」を始めとした充実の注文機能を備えており、チャンスを逃さず、いつでもどこでもFXトレードが行えます。

そして、そして、初心者でも始めやすいようにFXの勉強ができるコンテンツが充実しているのも魅力です。また、24時間電話サポートもありますので、FX初心者でもYJFX!なら安心して始めることができます。

いまなら最大27,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中です!

詳しくはこちら

 

 

アローLIGHT FX

スプレッド(米ドル/円) スワップ(豪ドル/円) キャッシュバック 公式サイト
0.2銭原則固定 69円 最大50,000円 詳しくはコチラ

LIGHT FXはFX初心者の方でも安心して取引できるように、最小1,000通貨(約5,000円)から取引が可能で、各種手数料無料、24時間サポートでサービスを提供しています。
また、取扱い通貨ペア(27通貨ペア)が低スプレッド&高スワップで、みんかぶFX年間ランキングのスプレッド部門、スワップ部門で1位を獲得するなど、他社より取引に有利な環境が整っています。

その他、PCでもスマホでも使いやすい取引ツールが用意されていて、快適に取引ができますし、キャンペーン内容も充実していますので、LIGHT FXはオススメです!

いまなら最大5万円キャッシュバックキャンペーン実施中!

詳しくはこちら

 

 

アローセントラル短資FX

スプレッド(米ドル/円) スワップ(豪ドル/円) キャッシュバック 公式サイト
0.2銭原則固定 90円 最大20,000円 詳しくはコチラ

セントラル短資FXは最小1000通貨から取引ができることに加えて、取引手数料は完全無料業界最高水準のスワップポイントといった特徴があります。また2018年4月からスプレッドが大幅に縮小され、いまでは業界最狭水準のスプレッド(ドル/円=0.3銭)になっており、ユーザーにとって「スプレッドが狭い、スワップポイントが高い」と魅力的な取引環境にあると言えます。

また、セントラル短資FXでは、LINEで最新のマーケットニュースや経済指標、売買シグナル等を24時間リアルタイムで受信できますし、セントラル短資FXのスマホアプリなら、1タップですぐに発注できる「スピード注文」が可能ですので、LINEとアプリのサービスによって、チャンスを逃さずに取引をすることができます。スマホで取引をする事が多いユーザーにセントラル短資FXはおすすめです!

★最大20,000円キャッシュバック実施中!

詳しくはこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※2019年5月15日時点の情報を基に制作しています。
※最新情報・詳細は各FX会社のHPをご確認下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ