FXのリスク

FXにはいくつかのデメリット(リスク)も存在します。
ここではFXが持つリスクを解説します。

 

損失拡大のリスク(レバレッジによるリスク)

FXのリスクFXではレバレッジをかける事で、実際の投資額以上の大きな金額を動かす事ができ、大きな利益を得ることができますが、その反面、大きな損失を生む可能性もあります。 その額はレバレッジが大きくなるほど巨額になってしまいます。
その為、ストップロスがきちんとできるようになるまでは、レバレッジを少なくして安全に取引しましょう。
オススメの証券会社は自動ストップロス注文がありますので、相場を見れない時でも安心です。
FXは自分に合ったFX会社を選ぶ事や、基礎知識を覚える事でリスクはかなり限定的になります。
デメリットを理解して、FXと上手に付き合いましょう。

 

 

24時間取引のリスク

FX取引は24時間取引ができるという利点がありますが、逆を言えば夜寝ている時間帯でも為替レートは動いてしまうという点がリスクとしても考えられます。
その為、FXでは予め「損失確定の注文」を出しておくとこがカギとなってきます。

損失が一定のラインに達したら、自動的に売買する注文を設定しておけば、急激な為替変動があっても損失を最小限に抑えることができます。

 

 

為替相場の変動によるリスク

為替相場は、短時間で激しく値動きがおこることがあります。自分が想定した値動きとは全く違う変動があれば損失を被ることになります。
特に取引数量を多くしていると、数時間でも数万円~数十万円の損失につながってしまうこともあります。

為替変動によるリスクを最小限に抑えるためには、ユーザー自身が許容できる損失をあらかじめ想定して、余裕資金と取引量の適正化を図るようにしましょう。

またFXの場合、土日が取引がお休みということもあり、週末にポジションを持ったままにして、土日に為替が大きく変動するニュースがあったりすると、週明け月曜日の早朝に、金曜日の終値から、大きく値段が飛んだ状態で始まることがあります。
このような場合、利益の方向にもちろん動けば良いのですが、損失の方向に動いてしまった場合、元本を超過して損失がでる可能性もあります。

その為、そのようなリスクを考えて、週末にはポジションを持ち越さないようにしたり、十分な余裕を持った取引量にするようにしましょう。
 

 

スワップポイントの変動によるリスク

FXの魅力の一つに、『スワップポイント』というルールがあります。
簡単に言うと各国通貨の「金利差調整分」を受け取ったり、支払ったりするのがスワップポイントの仕組みとなっています。

例えば、金利の高い通貨を買って、金利の安い通貨を売ると、スワップポイントがもらえますが、
反対に金利の安い通貨を買って、金利の高い通貨を売ると、スワップポイントを支払うことになります。

また、各国の金融政策による金利の変動が、スワップポイントの損益に直接関係しますし、日々、スワップポイントは変動しますので、それまでスワップポイントを受け取っていた場合でも、急にスワップポイントの支払いに転じる可能性があります。継続的に安定してスワップポイントを受け取ることができると思い込まないようにしましょう!
 

 

24時間取引のリスク

FX取引は24時間取引ができるという利点がありますが、逆を言えば夜寝ている時間帯でも為替レートは動いてしまうという点がリスクとしても考えられます。
その為、FXでは予め「損失確定の注文」を出しておくとこがカギとなってきます。

損失が一定のラインに達したら、自動的に売買する注文を設定しておけば、急激な為替変動があっても損失を最小限に抑えることができます。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ