FX取引とは?

FXとは「Foreign EXchange」の略です。
Foreignは「外国」、EXchangeは「両替」を意味します。
つまりFXとは、「外国の通貨を両替(売買)する」行為を指します。

ニュース番組で、「今日の外国為替相場は1ドル○○円で推移しています。」などの言葉を耳にしますが、これは、為替相場の値動きを伝えているのです。

この外国為替相場の値動きを予測して、売買を行い、利益を得ようとする行為を「FX取引」と呼び、FX取引はドルやユーロなどの外国通貨を売り買いする事で、利益をだすことができるサービスです。

 

FXで利益を出すってどういうこと?

例えば、アメリカに海外旅行に行くとき、日本円を米ドルに両替します。
為替レートが「1ドル=100円」とすると、100万円は10,000ドルです。

しばらくして日本に帰国したとき、手元の10,000ドルを日本円に戻します。
そのときの為替レートが「1ドル=120円」なら、10,000ドルが120万円になります。

FX取引とは?

このように日本円で米ドルを買って、時間が経ってから売ることで、20万円の利益になりました。これを意図的に売買する仕組みがFXです。

 

 

FXには他の投資にはない、魅力がある!

FXでは、「レバレッジ」という仕組みがあり、投資資金(証拠金)の最大25倍の取引が可能です。つまり、1万円あれば25万円分の取引をすることができます。

1ドル=100円の時、銀行で1万ドルを外貨預金する場合、100万円の資金が必要になりますが、FXだと4万円で1万ドル(100万円)の取引ができます。

このように、FXは他の投資に比べて25倍資金効率が良く、最大で通常の25倍の利益を出す事も可能な投資なのです。

 

FXでどうやって利益を出すの?

ドルを1万通貨購入し、1ドル=100円だった円が101円に1円上がったとします。
これだけで1万円のプラスです。

もちろん予想が外れるとマイナスになりますが、
例えば、ドル円の取引をする場合は、円安に動くか、円高に動くかを考える単純明快な取引ですし、FXには先ほどご紹介しました「レバレッジ」がありますので、少ない元手でも1度の取引で、数万の利益を出すことも簡単なのです。

また、FXは、出勤時の電車やバスの待ち時間、お昼休みや休憩時間など、毎日の空いた時間にPCやスマホで気軽に取引できます。

FXはその手軽もあって、日本でも約400万人が利用する大人気の投資なのです。

 

 

嬉しいスワップポイント生活!外貨両替手数料も激安!

FXでは安く買って高く売る。高く売って安く買い戻して利益を得るのが基本になります。これを「為替差益」と呼びますが、為替差益以外にも利益を獲得できる方法があります。

それが「スワップポイント」を利用した投資法です。

スワップとは各国の金利を指します。
金利はそれぞの国の政策によって違いがあり、この金利差分を受け取ったり、支払ったりするのがスワップポイントの仕組みとなっています。

例えば、日本の政策金利は現在「0.1%」ですが、NZドルの政策金利は「3.0%」です。
なので、「NZドル/円」の通貨ペアを買った場合、この金利差「2.9%」が1年間に受け取れるスワップポイントになります。(※反対に金利の安い国の通貨を買って、金利の高い国の通貨を売ると、スワップポイントを支払うことになります。)

仮に、1万NZドル(約4万円の資金)を買っていたとすれば、
「100万円×2.9%÷365日=79.4円」が毎日入ってくる仕組みです。

そして、1年間ポジションを保有し続けると、約4万円の資金に対して、年間で約29,000円のスワップポイントの受取になります!

銀行の外貨預金のように取引をしたい方は、FX会社を利用しましょう!
特に、銀行の外貨預金はとっても手数料が高いので、FX会社を利用した方が断然お得です!

以上のように、FXでは売り買いで利益を出すこともできる上に、スワップポイントによる利益も狙えます。

※スワップポイントは日々変動しますので、それまでスワップポイントを受け取っていた場合でも、急にスワップポイントの支払いに転じる可能性がありますので、安全のために、日々スワップポイントはチェックするようにしましょう。

 

 

さぁ、FX取引を始めましょう!

口座開設は最短3分でできます!

FX取引とは?

知ってましたか?
FXは口座開設費・維持費等、全て無料なんです!
しかも、口座開設でキャッシュバックが貰えます!

でも、始めて口座を開設される方は、一体どの会社がいいのか迷いますよね?

 

おすすめなのは、まずは3社~5社の複数のFX口座を持つことです。

実際にFXで勝っている人は、10社程の口座を持っていて、そこから自分の使い勝手の良い、メインとなるFX会社を2~3社を利用しています。

なぜ複数の口座を持っているのかですが、FXは情報が重要であること(複数の会社から情報を収集できる)と、どの会社の取引ツールが一番自分にとって使いやすいかを色々と試しているからです。

本当にFXで勝ちたいと思っている人は、FXで成功している人のように、複数のFX会社をまずは試してみることをおすすめします。口座開設費や維持費は一切かかりませんので。

★いまおすすめのFX会社はこちら⇒http://fx-startguide.com/
 

 

アローFX初心者に寄り添った “LINE FX” がオススメ!

スプレッド(米ドル/円) スワップ(豪ドル/円) キャッシュバック 公式サイト
業界最狭水準
※例外あり
1円 最大305,000円 詳しくはコチラ
LINE FXはLINEが手がけるFXサービスで、サービス開始からたった8ヶ月で「10万口座」を突破した今もっとも勢いのあるFXサービスです。人気の理由は「FX初心者に寄り添ったサービス」を提供しているからです。

LINE FXでは最低取引単位が1,000通貨単位となっており、5,000円の取引資金でFXを始めることができますので、FX初心者や少額でFXを始めたい人には嬉しいポイントです。その他にも業界最狭水準のスプレッドを提供していて、取引コストが安く、取引をしやすい環境となっています。

また、LINE FXの取引専用スマホアプリは初心者から上級者まで使いやすい仕上がりで、LINEならではの通知機能で取引タイミングを逃しません。また、最近リリースされましたPCツール「LINE FX Pro」は高機能なのに使いやすく、FXを上達したい人にはぜひ使って欲しいツールです。

以上のように、LINE FXは「FX初心者に寄り添ったサービス」を提供していますので、FXを始めたい人におすすめのFX会社です。

さらに、今ならLINE FXをお得に始められます! 新規口座開設+条件達成で「5,000円」プレゼントキャンペーンを実施中ですので、この魅力的なキャンペーン中にLINE FXでFXを始めてみましょう。

詳しくはこちら    

アロー取引を強力にバックアップ! “外為どっとコム”がおすすめ!

スプレッド(米ドル/円) スワップ(豪ドル/円) キャッシュバック 公式サイト
0.2銭原則固定
※例外あり
0円 最大302,000円 詳しくはコチラ
外為どっとコムは、26通貨ペア業界最狭水準のスプレッドを提供していて、取引で利益を出しやすいFX会社です。
取引は1000通貨(約5,000円)からできますし、FXの勉強に役立つ学習コンテンツも豊富に用意されていますので、初心者でも安心してFXを始めることができます。

そして、外為どっとコムの魅力は、マーケットの方向性を予測してくれる独自ツール「ぴたんこテクニカル」や業界の中でも群を抜いて充実しているマーケット情報・動画・セミナーコンテンツなどにより、取引を強力にバックアップしてくれる点です。FX初心者にもFX上級者にもおススメできるFX会社です。

いまなら口座開設&1万通貨の取引を1回で2,000円、さらに取引に応じて最大30万円キャッシュバックキャンペーン実施中!

【口座開設キャッシュバックキャンペーン】
適用期間:口座開設月から翌々月末まで(2022年2月1日午前7時00分より開始)

※スプレッド、スワップポイントの値は2022/7/1時点の情報

詳しくはこちら    

アロー少額から簡単に始められる「松井証券(MATSUI FX)」

スプレッド(米ドル/円) スワップ(豪ドル/円) キャッシュバック 公式サイト
0.2銭原則固定 ※例外あり 0円 最大50万円 詳しくはコチラ
松井証券の新FXサービス「松井証券 MATSUI FX」が2021年よりスタートしました。松井証券は国内の5大ネット証券に数えられる大手ネット証券会社で、その松井証券がFXサービスに本腰を入れたのが「MATSUI FX」です。

「初めての方でも100円の少額から簡単に始められる“あんしんFX”」をコンセプトに、投資未経験者でもFXを始めやすい下記の環境を用意しています。

・1通貨(100円)から気軽に取引可能。
・取引手数料無料。業界最狭水準のスプレッド。
・FX取引をさらに便利にするFX専用ツール

また、ネット証券会社ということもあり、FXだけでなく、国内・海外の株式取引、投資信託も取引可能です。

FX未経験者はもちろん、すでに他社でFXをしている人にもとても魅力的な取引環境ですので、「MATSUI FX」はおすすめです。

いまなら取引金額に応じて最大50万円キャッシュバック!

詳しくはこちら    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ