円高・円安とは?

為替レートの意味を知ろう!

円高・円安を知るためには、まずは外国為替について理解が必要です。

日本では円、アメリカでは米ドルなど、それぞれの国に独自の通貨があります。

ユーロなど10か国以上が共同で使う通貨も例外的にありますが、原則として通貨はその国の中でしか通用しませんので、例えば、他の国と貿易をする時や、海外旅行に行く時に自分の国の通貨を、相手の国の通貨と交換する必要があります。

違う通貨に交換することを外国為替と言い、そして交換の比率を外国為替相場または為替レートと言うのです。

1ドル=120円という為替レートは、1ドルを120円で買う(交換する)ことができるということになります。

 

 

円高・円安をしっかり覚えましょう

ここまで外国為替、為替レートについてみてきました。
この話題になると円高、円安という言葉が出てきます。
多くの人が円高、円安を間違うことが多いので、しっかり確認していきましょう。

1ドル120円が130円になりました。
これは円高でしょうか?それとも円安でしょうか?

「120円から130円に数字が増えたから、円高だ」と考える人が多いです。
しかし答えは円安です。値段が高くなったから円高だろうと考えてしまうようです。

ややこしいですが、1ドル=○円の数字が大きくなったら円安で、数字が小さくなったら円高です。

1ドル=120円だった為替レートが、以下のように動くと、

1ドル=110円(円高)
1ドル=130円(円安)

となります。

 

このようにややこしい理由は、ドルを基準に考えているからで、1ドルが120円から130円になるのは、「ドルが高くなり、円が安く」なったので、円安ということになります。

ドルを基準にするとわかりにくいので、円を基準に再度見てみましょう。

1ドル=120円ですから、100円=0.833ドル
1ドル=130円ですから、100円=0.769ドル(円安)
1ドル=110円でしたら、100円=0.909ドル(円高)

となります。

1ドルが120円から130円になると、100円が0.833ドルから0.769ドルになります。
100円が0.833ドルから0.769ドルに「値下がり」したので円安となるのです。

このように表すと、円高、円安のイメージがわかるかと思います。

ただこの方法だと小数の計算をしないといけなくなりますし、面倒ですから、普段考える時にはドル高は円安、ドル安は円高とドルと円の高い、安いが逆になることを覚えていきましょう。

1ドルが120円から130円になったらドル高で、ドルが高いということは円が安く(円安)なったということです。
反対に、1ドルが120円から110円になればドル安で、ドルが安いということは円が高くなったので円高と考えましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ