スイングトレード

スイングトレードスキャルピング」や「デイトレード」は短期売買のトレード方法ですが、スイングトレードは、ある程度の利幅を狙い、数日間で売買を完結させる取引方法です。

取引期間としては中期的なトレードであり、1回の取引あたりの損益幅も大きくなりますので、スキャルピングやデイトレに比べると、取引数量を低く抑えるのが一般的です。

FX初心者の方は、慣れるまでは1000通貨以下で取引することをおすすめします。

 

 

スイングトレードのやり方

数日から数週間程度の、相場の波を狙って取引を行います。
そのため、スイングトレードに向く通貨ペアは、規則性(サイクル)がある通貨ペアや、トレンドが出やすい通貨ペアです。

実際には、現在、「豪ドル/円」や「米ドル/円」がトレンドが続きやすく、分かりやすいです。但し、適切な通貨ペアはその時々に変化していきます。
尚、スイングトレードは、スワップポイントも受け取れますので、スワップポイントが高いFX会社を選ぶことも重要です。

また、スイングトレードの場合は、仕事をしている人でもゆっくりと取引することが可能ですので、時間があまりない人でも出来るといった点が最大の利点です。

 

 

スイングトレードに適したFX業者選びのポイント

スキャルピングやデイトレードほど取引は行わないので、手数料(スプレッド)はそれほど重要ではありません。

前述の通り、スイングトレードでは、スワップポイントを受け取ることができますので、スワップポイントが高いFX会社を選ぶことと、また、スイングトレードは、スキャルピングがデイトレードのような、直感的な取引で勝つことは難しく、情報収集やチャート分析が重要となってきますので、下記3点が優れているFX会社が理想です。

  • スワップポイントが高いFX会社
  • マーケット情報や相場レポートなどの情報が豊富なFX会社
  • 高性能なツール(チャート)を提供しているFX会社

 

なお、スワップポイントの注意点として、金利が安い国の通貨を買うと、スワップポイントはマイナスになることと、スワップポイントは日々変動しますので、それまでスワップポイントを受け取っていた場合でも、急にスワップポイントの支払いに転じる可能性がある点には注意しましょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ